titlebar.gif
spacer.gif
 TOP >> マグピタックルシート施工工程のご紹介 mail.gif

マグピタックルシート施工工程のご紹介

≫1

東リ エコロイヤルセメント
サンゲツFL2
タイルメントのスーパータックボンド等々(ゴム系ラテックス)

≫2

ポリエステルパテ
シートの隙間に使用。
クロス仕上げの場合はジョイントパテでも可。

≫3

入り隅用目地シール(アクリル)

≫4

施工道具
金べらの先には布等を施しシートに傷がつかないようにしてあります。

≫5

張る面にマスキングでの養生をします。

≫6

床にもマスキングやポリシートで養生をします。

≫7

寸法とり。

≫8

墨だし。

≫9

墨だし。

≫10

素地ごしらえ。

≫11

接着剤。

≫12

くしべらでまんべんなく伸ばす。

≫13

くしべらでまんべんなく伸ばす。

≫14

ホットガンで乾燥します。

≫15

接着剤施工後。

≫16

指で触ってみます。

≫17

手につかないくらいの状態で次の工程へ。(ある程度乾燥していないとシート貼りの時 はみだして汚くなります。)

≫18

シート貼り状況。

≫19

金べらにて力強く押し空気を抜く。

≫20

金べらにて力強く押し空気を抜く。 端までしっかり。

≫21

入り隅はローラーで圧着。

≫22

入り隅はローラーで圧着。

≫23

ポリパテで隙間を埋める。
クロスを貼る場合はジョイントパテでも可。

≫24

パテ処理完了。

≫25

入り隅を目地シールで施工します。

≫26

目地シール施工後。

≫27

完了。

≫28

※注意 接着剤の塗り残し。

≫29

※注意 墨だしの間違いによる手直し。

≫30

※注意
接着剤のはみ出し。
(パテべらで取り除いてます。)

≫31

手直し後完了。
 
 
TOP >> マグピタックルシート施工工程のご紹介